【第一話】PythonをAidemyで学んでいく

アニメスターです。
今回はAidemyの途中経過を報告したいと思います。
前回の記事

進捗結果と感想

アニメスターが取り組んでいるのは「Python入門」のコースです。
今回記事で取り上げるのは「Chapter1のPython基礎」の範囲です。

進捗
1.1「基礎」
1.1.1 Hello world
1.1.2 Pythonの用途
1.1.3 コメントの入力
1.1.4 数値と文字列
1.1.5 演算
1.2「変数」
1.2.1 変数
1.2.2 変数の更新
1.2.3 文字列の連結
1.3「型」
1.3.1 型
1.3.2 型の変換
1.3.3 型の理解確認
1.4「if文」
1.4.1 比較演算子
1.4.2 if文
1.4.3 else
1.4.4 elif
1.4.5 and・not・or
感想
難易度、正答率、時間
★☆☆、100%、30分~1時間

比較的優しく、分かりやすいです。アニメスターはブログを書こうとメモを取ったりしていたので1時間かかりましたが、やるだけなら30分あれば行けると思います。

Python学習のメモ

後はつらつらと、アニメスターが忘れないためにメモとして書きたいと思います。

Python基礎

学んだことをつらつらと書きます。

基礎的な事
・Script.pyとは、コンピューター語の入力スペース
・コンソールとは、人間後の出力スペース
※Script.pyには「#」を入れてメモを残せる
メモの例
>Script.py
  #3+5の結果を出してください。ですです。
 Print(3+5)

>コンソール
 8

豆知識的な事
Pythonは応用範囲が広くて、比較的な難易度は低いらしい
・webアプリの枠組み
・分析
python語を分かってくれる場所やアプリ
・PyCharm , Atom , Sublime Text , Jupyter Notebook

変数

>script.py内でのみ通用するファイル名


>script.py
name=”いぬ”
print(name)

>コンソール
いぬ

※ファイル名が同じ場合、上書きされる

>script.pyの内での言語。
違う言語が混じった状態ではprint()で出力できない。


・str(文字)型
・int(数字)型
・folat(小数)型
・list(リスト)型
など

if文

>script.pyにおける条件文
and ,or , notで条件文に追加条件を加えられる。
else , elif で分岐する条件を加えられる

次回の課題

次回は、基本文法と、関数の基礎までいけたらいいなと思います。
前回の記事はコチラです。
【0話】Aidemyに触れた実感
何故、Aidemyを始めたのか

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

内定辞退した2018卒の大学生投資家。 「お金だけのための就職」が嫌でした。 「好きで生きるため」情報発信。 ***月間読書量3~8冊を頼りに経済自由を*** ***米株、節約術、統計学やアニメ好き***