投機で40万失って、そこから得たもの

この記事のポイント

・誤った集中投資は、資産の減少を招く
・集中投資と分散投資の融合であるインデックスファンドを買うということ

「集中投資は財を築き、分散投資は財を守る」

という格言があります。この格言に照らせば、現在のゼロ資産のアニメスターには集中投資が適しています。というのも、財として挙げられるのは、五体満足な身体と、時間しかないため集中投資しか選択肢はありません。

しかし間違った集中投資は誤った結果を生みます。

実際に、アニメスターはこれを経験したので、共有したいと思います。

読者の皆様が同じ轍を踏まないように何かの材料になれば幸いです。

40万円を失った

アニメスターは以前までゼロサムゲームと言われる取引(メジャーどころを言えばFX)を行ってきましたが、振り返って見ると「アニメスターには向いていないな」という感想です。
大学生活の合間を縫って稼いだアルバイト代をつぎ込んでやっていましたが、最低40万は飛ばしてきました。勿論、やる人によって成果は異なるでしょう。しかしアニメスターにとって「パチンコや競馬と変わらない結果になる」ことが分かりました。これは大学生のアニメスターにとっては大きな損失です。そして、このような失敗は、二度とできません。何故なら内定を蹴って、蓄財もないため、お先真っ暗だからです。

損失の内訳

損失40万円
F  X  :-20万
日経平均先物 :-10万
仮想通貨  :-10万
合  計 :-40万

「なんで途中でやめなかったのか!?」

と今でも思います。これらの損失は一気に計上した場合もあれば、徐々に目減りさせていったものもあります。
資金はアルバイトの資金の中から拠出し、貯蓄していたものです。

40万円の後悔と反省

勿論、やる人によって成果は異なるでしょう。しかしアニメスターにとって「パチンコや競馬と変わらない結果になる」ことが分かりました。
これらの損失によって

これは大学生のアニメスターにとっては大きな損失です。そして、このような失敗は、二度とできません。何故なら内定を蹴って、蓄財もないため、お先真っ暗だからです。

「このままではいけない」
「蓄財するための最短ルートを駆ける必要がある」
という思いの下、散々駆け巡り情報収集を行いました。

そしてインデックス・ファンドという答えに辿り着きました

「堅実な資産形成をする」という決意と行動

さて、冒頭で書いたように、蓄財をする際は集中投資が進められます。

では、何に資産を集中させるべきなのか?

これは過去に答えを見ることが出来ますが、答えは「株式投資」です。その中でアニメスターは、特に米株投資に魅力を感じています。アニメスターは日本人なので、円ではなく、ドルを持つこと自体に「通貨の分散」が可能になります。そして、長期的に見て円安と言われる昨今の経済においてドルを持つことは優位に立つと感じています。

では最初の命題に戻りますが、米株において分散投資を行うことは難しく感じるかもしれません。
「英語が読めない」
「情報が限られている」
「手数料がかかる」
「総じて面倒くさい」
というのが米株に対する参入障壁だと思います。

しかし、これら全ての不満を解決するのがインデックス・ファンドです。
初めて聞く方に簡単に説明すると、「分散されたポートフォリオが販売されていて、それを購入すること」だと思ってください。
一つのインデックス・ファンドを買い続けることは集中投資のように思えますが、しかし実際は分散投資を行っている…。まさに投資初心者にはうってつけの商品なのです。

そして、インデックス・ファンドは、頻繁に売買を繰り返すアクティブ・ファンドよりも高い成果を挙げてきました。そのため、投資の初心者は、四の五の言わずにインデックス・ファンドを買うことこそが蓄財の最短コースなのです。

まとめ

この記事のポイント

・誤った集中投資は、資産の減少を招く
・集中投資と分散投資の融合であるインデックスファンドを買うということ

いかがでしたでしょうか。

数ある個別銘柄や、仮想通貨などを通じて市場平均を超える成果を挙げるということは、大変魅力的な試みです。

しかしながら、アニメスターが蓄財を為すには、40万と言う失敗を踏まえると、インデックス・ファンドが最短コースなのです。

理由は端的に、「プロと同等、それ以上の成果を見込める!何より、誰にでも出来て、簡単!」と感じたためです
➀売買頻度が少ないので、手数料、運用コスト分が優位に働く
➁分散された1つの商品なので、リスクを抑え、集中投資ができる

この2点については、以下の著書が詳しく言及していますので一読してみてはいかがでしょう。

あわせて読みたい
投資は米国株式の一択!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

内定辞退した2018卒の大学生投資家。 「お金だけのための就職」が嫌でした。 「好きで生きるため」情報発信。 ***月間読書量3~8冊を頼りに経済自由を*** ***米株、節約術、統計学やアニメ好き***